効果抜群iPhoneのホームボタンが固いときの対処法とホームボタンを画面に表示させる方法

iPhoneのホームボタンが固いときの対処法を紹介していきます。


 


「教えてころさん」にお便りが届きました。



暑い日が続きますね、先日かき氷の「サクレレモン」を食べていたらいつのまにか携帯の画面がベタついていました。


画面は拭いたのですが、ホームボタンの間にも入ってしまったらしく「ホームボタンが固くなってしまいました」ホームボタンを押すと、硬い、なんかベタついてるな?という感触です。


ホームボタンが硬い時はどうすればいいでしょうか?



 


画面がべたついただけではなく、ホームボタンのところにも水滴が入ってしまった様で大変ですね。


そんなときの対策をお伝えしてきます。


 





 


iPhoneのホームボタンが硬いときの3つの対策


iphoneホームボタンが固い.png

① ホームボタン長押し
② リセットする
③ ホームボタンの掃除


3つの対策があります。全部やりましょう!
ホームボタンが固くなる原因は『初期不良、温度による金属の変形、ホームボタンの周りが汚れている』


今回は「ホームボタンが汚れている」が原因の可能性が高いです。1つ1つ試してみましょう。


 


① ホームボタンを長押しする


ホームボタンを長押しするとなんとなく一瞬だけ直った気がしますが数分経つとカチカチまだ固い感じが残りました。


② リセットしてみる


リセットのやり方は次の通り。


【1】なんでもいいのでアプリを起動させる
【2】「電源ボタン」を長押しして「スライドして電源オフ」を表示させる
【3】「電源ボタン」から指を離し、ホームボタンを長押しする


この作業をするとリセットされ他のアプリの動作も速くなります。
そして、なぜかホームボタンが固い症状も直ります。


③ ホームボタンを掃除する


綿棒にアルコールなど消毒液を含ませて、ホームボタンの円をかくように掃除します。汚れやホコリを取るのが目的です。


しっかりぐるぐる吹きとりましょう。力加減は自己責任でお願いします。
iPhoneは防水ではないので水にティッシュを含めるより、揮発性のあるアルコールや消毒用エタノールを綿棒に含ませて掃除する方がいいと思います。


携帯が水没してダメになる原因は水に含まれる「カルキ」らしいので水は使わない方がいいと思います。


 


アクセシビリティの設定で画面にホームボタンを表示させる


それでもホームボタンが調子が悪い場合、設定のアクセシビリティのところから画面にホームボタンを表示させましょう。


「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→ 操作「AssistiveTouch」 →オン


これで画面にホームボタンが表示されます。ホームボタンが故障していも画面が生きていれば使えます。画面上のホームボタンは好きな位置に配置することができるので、ホームボタンが故障したけどなかなか修理に行けないときには使ってみてください。


 



まとめ


iPhoneのホームボタンがかたくなってしまったときの対処法を紹介しました。


固くなってしまったときは「リセット」作業をしてからたまにはホームボタンの周りの掃除もしてみてください。ホームボタン直るといいですね。


 


iPhoneの画面が浮いてきた人はこちらの記事をご参考にしてください。


www.therevolution.xyz


 


Sponsored Link



この記事へのコメント

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村