【防寒】バイク乗り必見!!バイク乗りのための防寒装備!スノボ用品と併用できる

A55533D8-6784-479B-9C60-555D47FBEF21.jpeg
こんにちは、寒い日が続きますね。
通勤がバイク(原付もしかり)の方は辛い時期に突入しました。

バイク乗りによる、バイク乗りのための冬の防寒装備をまとめてみようと思います。

◆ 体感温度計算


samui_man.png
体感温度は計算できるようです。
・気温:5度
・湿度:60%
・風速(秒速): 16.67m/s(時速:60km/h)

だとすると、体感温度は-11.3度!!!激寒です!!

参考:体感温度計算機
色んな生活に便利な計算機を用意してくれているサイトです♪


【目次】

■【防寒装備】頭~首編 
■【防寒装備】上!アウター編(レイアリング) 
■【防寒装備】手元・手袋編 
■【防寒装備】下!ズボン(パンツ)編 
■【防寒装備】足元・靴(ブーツ)編 
■ さいごに





■ バイク乗りの防寒装備!頭~首編


頭はヘルメットがあるので大丈夫だと思いますが、
首元はかなり重要です。
順番に紹介しますのでおつきあいください♪

◆ ヘルメット




  • (1)フルフェイス

  • (2)ジェットヘルメット 

  • (3)ハーフヘルメット(半ヘル)


  • ヘルメットの種類はざっくり三種類。
    完全な防寒を考えると、①フルフェイスでしょう。
    ですが、特に首元が大事なので好きなものを選べばいいと思います。

    私は②のジェットヘルメット愛用中です。
    ダブルシールド(インナーシールド)で中にサングラスが入っているので
    メガネをかけていても、
    夏のまぶしい日差しもへっちゃら!(上げ下げできます)





    ◆ ネックウォーマーorバラクラマ


  • (1)マフラー

  • (2)ネックウォーマー

  • (3)バラクラバ


  • 大事な首元!
    ネックウォーマーでも、しまむらさんなどで手軽に手に入る
    前にかわいくボタンで装飾されているものは
    重なっている部分から隙間風が入ってきます
    ので寒いのでお勧めしません。
    街を歩くだけの普段使いはOK♪

    バイク乗りのネックウォーマーは防風素材の物を購入しましょう。
    頭で固定すると動かずいい!というのが③バラクラバという商品です。

    TS-DESIGNさんのバラクラバを4年ほど前から愛用させていただいております。
    軽くて薄いのに、風を通しません。
    スノーボード、スキーにも兼用しており、冬は大活躍。
    しかも、安い!!!!1,285円(送料無料)やっす!











    ■【防寒装備】上!アウター編(レイアリング)



    上半身の防寒は重ね着(レイアリング)が基本!
  • (1)ベースレイヤー

  • ベースレイヤーは肌に直接着るものです。
    汗を吸収して素早く発散し、肌を快適な状態に保ちます。

  • (2)ミドルレイヤー

  • ミドルレイヤーは体から発生した熱を保持します。
    ミドルレイヤーとして良く使われるのはフリースです。
    フリースはポリエステルのような化学繊維でできていて、軽くて濡れてもすぐに乾きます。

  • (3)シェルアウター

  • シェル・アウターは風・雨・雪などからのダメージを軽減します。
    アウター(登山用がおすすめ)は、雨・風の侵入を防ぎ、適度に汗を体外へ発散する作りになっています。
    参考:登山の服装・レイヤリング(重ね着)の基本



    私が使っているもので具体的に紹介。

    ①ベースレイヤーはユニクロのヒートテック、
    ヒートテック極暖
    などでいいでしょう。

    ②ミドルレイヤーはユニクロのウルトラライトダウンなど
    軽くて薄いもの、フリース素材のもの(アウトドアブランドが優秀)
    首元までありますので、首元も安心。

    ③シェルアウターもアウトドアブランドか、
    スキー、スノーボード用のウエアを上着として使用するのもいいでしょう。





    ■ バイク乗りの【防寒装備】手元・手袋編 


    tebukuro.png
    手元!手袋しないと寒いですよ!してても寒いです。
    真冬(2月)に手袋していない人をたまに見ますが、
    グリップヒーター使用者なのかな?

     ①グリップヒーター


    グリップヒーターという、握る部分があったかくなる商品があります。
    冬でも長距離ツーリングに行く方には必須ではないでしょうか?



     ②ハンドルカバー


    ハンドル部分にカバーをしちゃう!という商品。
    ①のグリップヒーターより手軽につけられます。
    ソフトなものは送料込で約3,000円でお手軽ですよね。




     ③手袋・グローブ



    一番安価で手軽!手袋です。
    私はスキー、スノーボードで使用したものを使っています。
    劣化してくるので、バイクで使ってさよならしています。

     ①5本指タイプ
    ノーマルな手袋

     ②ミトンタイプ
    親指だけ離れています。

     ③トリガーミトンタイプ
    親指、人差し指が離れていて暖かいです。


    もちろん、③トリガーミトンタイプがオススメ。
    ②ミトンは暖かいと言われていますが、
    少し器用さに欠けるのです。

    スノーボードのときはバインディングをはめるくらいですが、ミトンはやりにくいですね。
    バイクの場合、トリガータイプだとブレーキに人差し指をかけられます。暖かい。

    やはり、少し高いですが、おすすめです。
    私は去年、山ブランドで有名なモンベルさんのトリガーミトンを購入しました。
    なにより、安い!!!のです。
    スキーブランドのものは1万円近い価格ですが、
    モンベルさんは優秀な山ブランドなのに、税込6,000円台。
    モンベルさんは「セールしない」ので、出たらすぐ買いましょう。
    売り切れます。私は去年、残り1個を購入できました。

    詳しくは、スノーボード装備の話で書いています。
    雪山籠り歴6年の私がスノーボードグッズの選び方をまとめてみた!









    ■ バイク乗りの【防寒装備】下!ズボン(パンツ)編



    軽めのお安いものだと、断然、ユニクロです!!!
    ユニクロの暖パン防風ウォームイージーパンツです★
    一番手軽で私も使っています。

    そのまま仕事していますし、仕事着としても大活躍♪

    基本はズボンと足首との隙間はちゃんと埋めましょう!ということ。
    ウォームイージーパンツの下にタイツも履いてます。

    AF44E982-AAFF-40ED-9E9D-7436C0A0CF55.jpeg
    【過去記事】
    【評価】ユニクロの防風ウォームイージーパンツを着てバイクに乗ってみた!





    ■ バイク乗りの【防寒装備】足元・靴(ブーツ)編



    足元です。
    ズボンすそは靴の中に入れる(もしくは靴に被せて)スキマをなくしましょう!

    靴下は足首も隠れる長めの丈のものを。
    ユニクロ、ヒートテック靴下GOODです♪

    私は靴はコロンビアのショートブーツを使っています。
    雪道も大丈夫なものです。兼用ってミニマリスト的にも素敵♪







    ■ さいごに


    冬の寒さ対策(防寒)には、「重ね着(レイアリング)とスキマをなくすこと」が基本です!

    バイク装備とスノーボード(スキー)の装備は併用できるということもお伝えしました。
    スノーボードのものを古くなってきたら、バイク用へおろすサイクル。

    ・バラクラマ(首元)
    ・上着は重ね着(レイアリング、真冬はスノボウェアで対応)
    ・トリガーミトンタイプの手袋
    ユニクロ防風ウォームイージーパンツ
    ・足元の隙間を埋めるブーツ


    これで、冬のバイクも少しは気が楽になりますように♪

    【ユニクロ関連記事】
    ユニクロオンラインストアで購入!ヒートテックソックスを店舗受取してみた!
    【防寒】バイク乗り必見!!バイク乗りのための防寒装備!
    【評価】ユニクロの防風ウォームイージーパンツを着てバイクに乗ってみた!
    2018年【ユニクロ誕生日感謝祭】と【ブラックフライデーにしまむら】へ行ってきました!




    この記事へのコメント

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村