【嵐にしやがれ】初心者向け3Dアートの書き方のポイントを学ぶ

3Dart_arashi (1).jpg
嵐にしやがれの隠れ家ARASHIのコーナーで相葉くんが永井秀幸さんの指導の下挑戦。


3Dアートは見る角度によって浮き出て見える絵のことです。
トリックアートとも言われ、インスタ映えが狙えます。






初心者向け「壁から飛び出る手」L字3D画法



3Dart_arashi (2).jpg

今回は初心者にオススメの「壁から飛び出る手」の3Dアートの描き方。
これで初心者向けだそうです。
スケッチブックを見開き1ページ使って、半分は壁に立てかける絵です。
L字3D画法というそうです。

3Dart_arashi (3).jpg


1)カメラをのぞき手が飛び出る角度を決める


3Dart_arashi (4).jpg

スマホのカメラを使って、飛び出る角度を決めます。

3Dart_arashi (5).jpg


平行にまっすぐ書くことが重要。
決めた角度で腕のラインを書きます。
3Dart_arashi (8).jpg


2)光の角度を決め対角線上に濃い影を付ける


3Dart_arashi (9).jpg
光が当たる逆の方向に影を描いていきます。

3Dart_arashi (11).jpg

すこし浮き出てきました。

3Dart_arashi (12).jpg

そのあと、指の1本、1本にも細かい影を付けていく。
1本だけ指がへんな方向に曲がっていますね(笑)


3Dart_arashi (13).jpg

3)最後に根元にヒビを入れれば完成


3Dart_arashi (15).jpg

壁にヒビを描きます。

3Dart_arashi (16).jpg

壁から出てきてるように見えますね!

3Dart_arashi (17).jpg

完成です。

大野君が書いたらもっと素敵でしたでしょうけど、相葉くんの画伯ぶりもなかなかイケてます。




「ビックリ!相葉雅紀」永井さんが作ってくれた嵐の作品。



3Dart_arashi (18).jpg

相葉くんが自分の顔を自分で描きます。

3Dart_arashi (19).jpg

相葉くん、、、白目です。
白目はダメだと描き直し。

3Dart_arashi (20).jpg

なにか、血が通っている感じがしません(笑)
さすが画伯。

3Dart_arashi (21).jpg

最終的にこちらでOKとなりました。

合わせてみると?

3Dart_arashi (22).jpg

手から貫通するアートです。

3Dart_arashi (23).jpg

だからメンバーが驚いている顔をしてるんですね♪


貫通アートの描き方のコツ


3Dart_arashi (24).jpg

・奥に影を付けて
・根元を丸く切る

3Dart_arashi (25).jpg

そうすると、手を貫通するアートの完成です。



まとめ


絵の描き方はいたってシンプルなステップで構成されていても
その中でのコツやセンスが問われますね。

何に関しても得意より努力
何度も練習して積み重ねることが大事です。

芸能人の方はやってみてすぐにできちゃうのがほんとにすごいですよね。
とりあえず、やってみるのがとても重要です。

永井さんは「ふしぎなかいだん」という絵本も出されているそうです。







この記事へのコメント

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村